蓮台寺の葬儀

この25年間、多くの試行錯誤を重ねながら、ようやく蓮台寺葬儀は完成の域に達しました。
それが、「本堂葬儀」です。
以下に、その内容を説明します。
 
 
      本堂葬儀


本堂葬儀の特徴は、以下の通りです。
1.施行費は小さなお葬式並みとする。
2.返礼品は、葬儀社を介さずに、遺族が直接業者から購入する。
3.供花は、葬儀社を介さずに、遺族が直接花店から購入する。
4.遺体安置料は無料。
5.本堂使用料は無料。

解説
1.施行費を小さなお葬式並みにしたのは、遺族にとっても葬儀社にとってもよいと判断したからです。
最近、葬儀の価格が引き下がってきていますが、小さなお葬式の価格が最低と考えられるので、この価格ならば、遺族は納得してくれるはずです。

一方、中堅の葬儀社でも小さなお葬式に加盟しているくらいなので、多くの葬儀社にとっては、マージンを払わなくて済むので、この価格で引き受けてもらえると考えました。
事実、数社が合意してくれています。

2.今の返礼品の仕組みは、一旦葬儀社が業者から買い取り、それを遺族に売るというもので、そこにマージンが発生するので遺族に渡るときは、その分だけ高額になります。
これからはそれがなくなり、遺族の負担は軽くなります。
私が期待するのは、それだけではありません。
遺族が自ら業者を選べるようになると、自由な発想の余地が出来て、今までにない返礼品のスタイルが生まれる可能性があります。
それが、今の葬儀に必ず良い変化をもたらすはずです。
私の狙いはむしろ、このことにあります。

3.供花については、ずっと以前から、どこの葬儀でも1万5千円(税抜き)と決まっていました。
よく考えれば、おかしな事で、供える人の気持ち次第でいろいろあっていいはずです。
そういう発想から、遺族と花店が直接やりとりすることに変えました。
こうすれば、供花に大きな変化が起こりえます。
例えば、亡くなった人のお孫さんが、お小遣いで買ってきた鉢花を供えることが出来ます。
これが可能になれば、葬儀が変わらない訳はありません。

このようなことで、遺族にとって本堂葬儀は、会館葬儀よりも圧倒的に有利なので、これからは増えて、年間20件に達すると考えられます。
その全てが、上記の通りに行われるので、その影響はいずれは会館葬儀にも及び、葬儀全体が良く変わると期待できます。