2 月

/ / / /














2017年2月3日(金)
・今日、イヨダ会館で葬儀式があり、火葬のあと遺骨は蓮台寺の墓地に埋葬されました。
私は昨晩の通夜説法で、今の葬儀のダメな点を強調し、「蓮台寺方式」への切り替えを訴えました。
埋葬後、後片付けをする葬儀スタッフに「直ぐに効果は現れないだろうけれど、徐々に広まっていくと思うよ。」と話すと、「もうすでに反応がありました。昨日数人の方から、読経中の通夜振る舞いはこの辺だけのものかと聞かれましたし、互助会の解約の仕方を尋ねられました。」という返事がありました。

今日の火葬場での忌中弁当は、小田原の老舗料亭「だるま」の仕出しを使いました。
税込み2160円の精進弁当で、さすが老舗のおいしさでした。
先ほどだるまに電話し、好評だったことを伝え、カタログを依頼しました。
これが届いたなら、檀徒だけでなく、法事に参加する親戚などにも、今の忌中払いとは異なる選択肢があることを伝えようと思います。