蓮台寺花便り

 教え子のリクエストがあったので、花便りのコーナーを設けました。四季折々の境内の様子を紹介します。

 11/27 11/28 11/29 12/9        























2019年12月10日(火)
・下の2枚は、今日撮った写真です。

 日本水仙  風船唐綿(ふうせんとうわた)
2019年11月29日(金)
 ネジバナの冬葉  オーレアの発芽苗

・今年の夏は、境内全体でネジバナが約160株開花しました。
そのうちの最大株の冬葉が左の写真で、家族墓Ⅲの芝生の中にあります。
他でも冬葉を探したのですが、見つかったのは160のうちの5分の1程度でした。
冬葉がないのは枯れてしまったのか、それとも冬葉は子株には出ないけれども夏葉は出て花を咲かせるものなのか。
後者であることを願って、暖かくなるのを待ちます。

・右の写真は、3年前か4年前に蒔いたオーレアの発芽苗です。
手入れが悪かったのかもしれませんが、開花にはまだ数年かかりそうです。
でも、今年はそれ以前の発芽苗が開花・結実し、種も採れそうなので、種蒔きは止められません。


2019年11月28日(木)


・最近は「きれいなお寺ですね。」とよく言われます。
花が増えたことにもよるでしょうが、私は、その基本は「芝生」だと思っています。
ただ、「きれい」と褒めてくれても、殆どの人は、「芝生」については触れません。
というよりも、気づかないようです。
しかし私は、「芝生」こそ、蓮台寺にとっては最高の「癒やしの花」だと思っています。
たまに訪れた人は気づかないかもしれませんが、蓮台寺は境内全体、右の写真のように、通路までが芝生化されています。
ただ、芝生の手入れは大変ですが、この頃は、有志の人たちが、芝刈りしてくれます。
右の写真の通路も、数日前に刈っていただきました。
2019年11月27日(水)
下の4枚は今日撮った写真です
 
ツワブキ  サザンカ  百合  オーレアの結実

・ちょっと盛りを過ぎたけれど、ツワブキは、この時期の蓮台寺を代表する花で、あちこちに咲いています。
・サザンカも、やや盛りを過ぎていますが、客殿玄関のそばにあるので、訪問者に褒められる得な花です。
・百合は、種類は分かりませんが、今の時期には珍しい咲き方です。
多分狂い咲きで、何日も前に開花したけれど、気温が低いせいか、花持ちがいいです。
・オーレアはリコリスの仲間で、大輪の黄花を私は気に入っていて、毎年種を採って蒔いています。
もうすぐ蒔き時ですが、花が咲くまで5,6年かかります。
今年の種が花になるまで元気でいられるかは分かりませんが、それでも蒔きます。